このサイトについて

このサイトについて

ブダイ伊豆の釣り情報・釣り場・食べ処・温泉・銭湯・魚料理・釣り道具・魚ノートなど、釣りを楽しめるように、 写真付きで紹介しています。伊豆に行ってみたいと思っている方々に参考になれば幸いです。

釣りの歩み

川子供の頃は近所の池や川でフナやコイ、ザリガニを釣って遊んでいました。 釣りキチ三平が流行っていた頃です。 その頃仲間うちで流行っていた釣りがコイの「ふかしっぺ」釣り。どんな釣りかというと、 コイ釣り用の吸い込みのスプリングをはずし、2cm四方くらいのパンの耳を全部針に付け、それを ただぶっこむ。パンの耳は水面に浮いているのでコイはそれをガバっと食べる。 フライフィッシング今で言うトップウォーターとかドライフライのようなエキサイティング?な釣り。 自転車で行ける近所で遊ぶ程度の釣りでした。あとは多摩川でのクチボソ釣りくらいです。 ルアーでのブラックバスやフライでのイワナに憧れた。 バイクの免許を取ったらまず津久井湖や山中湖など行こうと思っていましたが、
いざ免許を取ったら他の方向に。 釣りとは離れた生活をしていました。

数年が経ちある先輩と東京湾川崎の東扇島にシーバス釣りに行くことになりました。 なんせルアーで魚を釣ったことがなく当然期待は膨らむ。仲間内5人で行きました。 夜9時くらいから始めてちょっとすると先輩はシーバスを釣った。自分は全然。 そのままノーヒットで朝方。先輩や仲間は後ろで寝ています。ひたすらアタリのないまま投げ続けました。 うっすら明るくなった頃ゴツンとアタリが!!すごい引きです。ニーキュッパの竿が折れそう。 上がってきたのはパンパンに太った49cmのイナダ。ルアーで始めて釣った魚。最高でした。 その時の興奮は今でも忘れられません。

その後釣り熱が再燃し色々やりました。 当然シーバスをやり、バスをやり、フライフィッシングであちこち行き、ヘラブナ、アジ、フカセとやりました。 そして仕事や他の趣味等、もろもろで釣りを休止。

そしてまた数年前から再スタート。現在はカゴ釣り、アオリイカ、石鯛、メジナ、太刀魚、フカセとやっています。 それぞれの釣りに様々な楽しさがあり、じっくり味わっています。 今やっている釣りに没頭しているので新しい釣りはしばらくないかもしれませんが まだやってない釣りで楽しい釣りもあるでしょう。いずれいろいろ楽しみたいと思っています。

地磯が好き

地磯なんと言っても自由です。時間、場所を自分で決めて1日過ごせる。 今日行く釣り場の選択も楽しみの一つです。あとお金も少なくてすみますしね。 当然渡船の方が良いところも多々あります。潮通しの良さ、魚影の濃さ、豊富な魚種、離れでないと出会えない魚もいます。 船長さんや常連さんとの関わり等も釣りの楽しさの一つでしょう。 お弁当もつくりたてを運んでくれたり、餌が足りなくなったら持ってきてくれるところもあります。
地磯の道中逆に地磯は重たい荷物を背負って長時間歩くし、ブヨや蚊が多い。スズメバチ、マムシに遭遇する危険もあるし、 ロープを使って降りないといけない危険な場所もあります。
多分比べたら渡船したほうが良いことの方が多いんじゃないでしょうか。 でもそれを上回る満足感が地磯にはあると自分は感じています。 やっぱり地磯が好きです。

1年中、伊豆方面の地磯や堤防を歩いています

地磯の石鯛前はアオリイカを始めたら一年中そればっかり、石鯛やったらそればっか、みたいな感じでしたが、 最近は季節に合わせてその時の旬を釣る様にしています。 なんとなく季節を感じていいです。次の釣りに移るタイミングが難しい。だらだら追っかけがちですが。
地磯の石鯛