メジナ(フカセ)釣り

メジナつり(フカセ)の魅力

メジナウキの入る瞬間や、道糸を引っ張り出していく感じ。限界まで軽く細いタックルでのやり取り。 仕掛けの入り方を調整する楽しさ。あれこれ考えてそれがあたってデカイのが食った時。 いろいろある海釣りの中で一種変わっていると思います。 石鯛やヒラマサ、イサキ等は、「釣った喜び」が大きい。 釣っている時の楽しさより、「釣った満足感」が大きいように感じる。 メジナ釣り(フカセ)は「釣った喜び」より、「釣ってる楽しさ」の方が大きいと思う。 よりリアルに釣りをしている気がします。「どうでもいいよ」と思うかもしれません。 ちょっとだけこだわって書いてみました。何でも釣りは釣り、楽しいですけどね。

メジナの性格

メジナ夕方はどんなに潮が悪くてもたいがい一瞬食いが立つ。 この時合いの時は何やっても釣れるので面白いと言うよりは気持ち良い。 カゴ釣りで、ハリス8号、道糸10号、でっかいウキで、でかい針でも結構釣れる時がある。 かといってフカセで2号ハリスで食わず1.7号にすると食うときがある。岸から離れていると大胆になるのだろうか。 大胆で臆病? グッピーなど魚を飼っている人はわかると思うが、同じ種類でも性格が全然違う。 いつもうろうろしていて餌をまだかまだかと待っているのもいれば、底のほうでじっと休んでいて、 えさの時だけ上がってくるのもいる。 餌を入れたときも底で落ちてくるのを待っているのと、果敢に表層で食べているのと。 メジナはどうか?シュノーケリングで見る限り、性格はばらばら。 一匹で海草の間にじっとしているのもいれば、群れで泳いでいるのもいる。 他の魚は割りと群れで泳いで、一匹ということが少ない。今度潜る時は餌を持って食べ方を見てみよう。 参考までに、やはり沈み根が好きらしく、ぽつんとある岩に群れが付いている。 根回りはいいポイントなのは間違いないだろう。

メジナ(フカセ)釣り

カゴ釣りでも釣れるが、どっちかというと外道になってしまう。もっと言うとダンゴ釣りではかなり釣れるようだ。 しかしメジナを狙うのであればフカセ釣りが一般的で一番面白いと思う。 特に寒グレと呼ばれる寒い時期に釣るメジナが一番面白い。他の釣りをしている人でも冬だけはフカセをやる人がが多い。

寒の時期の人気の理由として

  • 甘く臭みがなくさっぱりしていてタイよりも美味しい。
  • えさ取りの活性が少ないのでじっくり狙える。
  • 当然メジナの活性も低く、それを釣るのが面白い。
  • 年中釣りたいが、冬以外は暑い、ブヨ、蚊が多い。

フカセ仕掛け

固定仕掛け、誘導し掛け、全誘導、全層仕掛け、沈め探り釣り、といろいろ。 自分の場合そこはあまりこだわらずその時のやりたいのをやっています。

固定仕掛け

固定仕掛けの特徴

  • ウキをヨウジとかで固定して、棚2ヒロ前後を釣るやり方。
  • 強風の時や、サラシの中をやるときに良いようだ。
  • 仕掛けを張ることが簡単に出来る。

動作

  • 投げる
  • リールを巻いて仕掛けを伸ばす
  • ちょっとまってから道糸を 緩めて仕掛けを入れる
  • 仕掛けを軽く張る(道糸を水面につけないときもある)

誘導仕掛け

ウキ止めを付けてそこまでの層と、そこの棚を狙う釣り方。限定スルスル釣りという感じ。 深い棚を狙う時に良い。だいたいの釣りの基本形。

誘導し掛けの特徴

  • ウキ止めが付いているのでアタリが明確に出やすい。
  • 背負った状態でウキが少しずつ沈んでいくように錘の調整をすれば沈め探り釣りになる。
  • コマセと同じスピードで沈むように調整する。(オキアミの沈むスピードはG6程度といわれている)
  • しかしコマセの落ちていくスピードは結構ばらばらなのでなんとなくの感覚でやる。
  • ウキが水中なので道糸を張ってないとあたりがわからずつまらない。

動作

  • 投げる
  • リールを巻いて仕掛けを伸ばす。(伸ばさないでフリーフォールさせるやり方もある)
  • 仕掛けが立ったら(付け餌がハリス分沈んだら)餌先行をイメージしながら少しずつ道糸を送る。
  • ウキまでウキ止めが行ったら背負った状態。この状態でアタリが出るようにウキ止めを調整すると良い

全誘導仕掛け

全誘導仕掛けの特徴

  • 誘導仕掛けのウキ止めを付けないバージョン。
  • どこまでも探って行ける。
  • ウキ止めがないため魚に抵抗を与えないので食いが良い場合が多い。
  • 付け餌が動かない程度に少し張り気味に送ると良い場合が多い。
  • ウキ止めがないのでアタリはゆっくりウキが入っていく感じ
  • アタリは0ウキとか、浮力がないウキだと潜り潮と間違える位の時も多い。
  • 水深くらいに目立つウキ止めを付けておくとどのくらい仕掛けが入ったかわかるので便利。

動作

  • 投げる
  • リールを巻いて仕掛けを伸ばす
  • 仕掛けが立ったら(付け餌がハリス分沈んだら 30秒前後)餌先行をイメージしながら少しずつ道糸を送る。
  • 流れが速い 遠投した などの場合、仕掛けがいつまでも入らないので錘で調整する。

全層仕掛け(キザクラの言い方?)

水面から底まで探る釣り方。ウキごと沈める場合が多い。

全層仕掛けの特徴

  • どこまでも探って行ける。
  • ウキ止めがないため魚に抵抗を与えないので食いが良い場合が多い。
  • 浮きごと潜っているので潮の流れに乗りやすい
  • 風で上潮が滑っている場合や、逆の場合に大変良い。
  • 水平ウキは流れの中を釣る時に良く釣れる。

動作

  • 投げる
  • リールを巻いて仕掛けを伸ばす
  • 00の場合仕掛けが馴染むとウキが沈んでいく
  • 沈みだしたら道糸を送っていく。
  • 道糸を張りながら(適度に)送り、アタリを竿先や道糸でとる

困ったときは良く使う。じかにアタリを感じるので、また違った楽しさがある。

餌の食べ方とアタリ

反転して食べる場合は競り合っていたり、警戒している場合が多いそうだ。その場合ウキは消しこまれる。
また、反転してもその後吐き出す映像を見たことがある。ホバリングしてつまんで食べたり、吸い込んで吐き出したりもする。 オキアミがつぶれて戻ってくる場合はメジナが食べて吐き出した場合が多いそうだ。 全層で糸を張っているとコツコツと小さい当たりがあり、乗らない場合があるが、メジナなのかもしれない。 誘導し掛けでウキ止めに背負っているにもかかわらず、10cmくらい入った状態で5秒後くらいにウキが浮いてきてしまった。 同じところでもう一度同じ状態になり、今度は合わせてみると38cmのメジナが釣れたこともある。 くわえて走らないことも多々あるようだ。夜のイサキや、ヒジキのブダイ釣りでも同じ事がよくある。 アタリとしては波がある場合は根掛かりのような感じだ。海の中を想像しながら釣るのはとても楽しい。

良く使うウキ

釣研V7シマノ タナクロスソルブレ アズール
釣研 Xグレイズ
全誘導テクニカル
KIZAKURA KUJIRA(クジラ)
KIZAKURA KS EVO
釣研 MEJINA SP

上左から

  • 釣研 V7 糸落ちと感度を両立させた良いウキ
  • シマノ タナクロス V字ウキ止めで固定ウキになる
  • スルブレ アズール 小粒で高感度
  • 釣研 全遊動X-グレイズ 4-2-4 糸落ちと抜群の良いウキ
  • 釣研 全遊動テクニカル 超小粒、高感度 磯際狙いに良い
  • KIZAKURA KUJIRA(クジラ) 8パイの入り口で糸抜け抜群
  • KIZAKURA KS EVO 糸抜け、なじみが良い
  • 釣研 MEJINA SP 管付きで糸落ちが良く感度抜群

〆かた

地磯はなるべく重いクーラーを持て行きたくない。 冬はスカリで生かしておいて、帰る時にエラを切り、もう一度スカリに戻し血ヌキをして、5分後くらいに上げて、エラ、内臓をとり持ち帰っている。 夏のイサキなどは別。

メジナ料理