イナダ

イナダ釣りの魅力

イナダ遠投して遠くのウキが入る瞬間が楽しいですね。引きも良いし、魚体もきれいで、数がつれるのもいい。 初めてイナダを釣ったのはかなり昔、川崎の東扇島でシーバスをルアーで狙っていた時に朝方うっすら明るくなる頃 突然釣れた。49cmの良型。興奮した。 その後釣りを離れていて、再開した時にまずにイナダが釣りたいと思い、カゴ釣りを始めた。 始めた時期が11月終わり頃でそろそろイナダも終わりの時期。下田福浦堤防に行った。 その日はどうしても釣りたいので暗いうちから始めたが、皆あまり釣れていなかった。 自分も釣れていない。昼頃、もう誰も釣れてなく、あきらめかけていたとき、 目を離し戻すと4っつ並んでいたウキの自分のウキがない!「きたーーーー」興奮してやり取りをし てそろそろ上がってくる時、最後の突込みがあった。耐えたつもりだったがバレてしまった。 上げてみると針の結び目が豚の尻尾になっていた。 結びがあまくほどけてしまったのだ。ヒジョーに悔しかった。 その後あちこちでカゴ釣りをして、沢山釣れるようになった。 よく刺身で食べていたハマチをぷりぷりにした感じが美味しいが、 5キレくらいで満足してしまうのはなんでだろう。

イナダの性格

どこでも釣れるが、イナダの時期になると下田の堤防に行く。 朝が明けてくるとパタパタつれ始め、1日続く時もあれば、午前中で終わってしまう時もある。 棚は深い方が確率が高そうだ。

イナダ釣り

福浦堤防でのイナダ釣り竿はダイワグレーダー4-63とがまかつカゴスペシャルⅡ4-58 リールはABU6500(両軸リール)を使っている。 道糸はAPPLAUD GT-R ULTRAが気に入っている。 ハリスは2.5号前後でよい。だいたい3ヒロくらい。 カゴ、天秤、ウキは自作のを使っている。 コマセはオキアミ投げて待つだけで難しいことはない。 ただ棚は合わせた方が良い。極端にずれていると自分だけ釣れるか、釣れないか。

カゴ釣り道具はこちらから カゴ釣り道具

餌の食べ方とアタリ

以外にゆっくりウキが入る場合が多い。

〆かた

釣ったらすぐにエラを切り、海水を入れたバケツに突っ込む。 この時暴れて飛び出すのでタオルをかけておくと良い。 5分後くらいに内臓、エラを取りクーラーに入れる。

イナダ料理

イナダのお刺身
イナダの刺身美味しいけどすぐ飽きてします。でもまた食べたくなる

ブダイの漬けとイナダの握り
イナダとブダイのズケブダイは しょうゆにすこ~しみりんを加えたたれに5分ほど漬けた

イナダ(ブリ)ウィキペディアより

ブリ(鰤)、学名 Seriola quinqueradiata は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。
北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。
大きさによって呼び名が変わる出世魚。日本各地での地方名と併せて様々な呼び方をされる。
* 関東 – モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
* 北陸 – コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)
* 関西 – モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ (40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
* 四国 – モジャコ→ワカナゴ→ハマチ→ブリ→オオイナ→スズイナ
80cm 以上のものは関東・関西とも「ブリ」と呼ぶ。または80cm以下でも8kg以上(関西では6kg以上) のものをブリと呼ぶ場合もある。
和歌山は関西圏だが関東名で呼ぶことが多い。流通過程では、 大きさに関わらず養殖ものをハマチ(?)、天然ものをブリと呼んで区別する場合もある。   南は東シナ海・北はカムチャツカ半島・東はハワイまでの北西太平洋に分布する。主な生息域は日本海南部と 北海道南部-九州の太平洋岸である。通常は群れを作り、やや沖合いの水深100m程度の中層・ 底層を遊泳する。季節によって生息海域を変える回遊魚でもあり、 春から夏には沿岸域に寄って北上し、初冬から春には沖合いを南下する。 但し温暖な南方海域では回遊せずに所謂「瀬付き」になるものもいる。性質は臆病で、 驚くと群れごと深みに逃げこむ。食性は肉食で、主に小魚を捕食するが、甲殻類や頭足類も捕食する。