ブダイ

ブダイ(舞鯛)釣りの魅力

ブダイ伊豆地磯では秋~冬はブダイ釣りがとにかく盛ん。 釣りが面白いのと地元の人は正月の魚のため。冬の地磯にはブダイウキが並ぶ。 伊豆では年中釣れるし、夏でも沢山泳いでいる。なのに冬にやる人が多いのは冬のブダイ釣りの楽しさにはまってしまうからだろう。 時間を忘れ、釣りに没頭するのはブダイ釣りがが一番ではないだろうか。 ブダイ釣りにはいろいろあって、胴付き仕掛けでのぶっこみ釣りやカニを使ったカニブダイ。 ヒジキやハンバ(ハバノリ)を餌に1m位の長いウキを使った、伊豆ブダイ。ここではこの伊豆ブダイ釣りを紹介します。 どのつりでも時期によっては簡単につれますが、メジナ釣りと同じで渋いアタリを取って掛け合わせる冬の浮きブダイ釣りは伊豆地磯での文化ではないでしょうか。

ブダイの性格

おっとりしていて優雅に泳いでいる。 ホバリングが得意で餌をとるのが上手。 時期によるが何でも食べる食いしん坊。

ブダイ釣り

ブダイ4号クラスの磯竿に両軸リールで釣っている。 これは、糸よれが付きにくくストレートになるので合わせのロスも少なくなる。なんでも良いと思うが高いところで釣る場合、抜き上げる時に楽な方が良い。遠投も出来るように12号負荷の中通し錘を1m前後の自作棒ウキ背負わせている。

  • 竿 4号
  • リール アブ6500
  • ハリス 5号、1本針 伊勢尼12号前後
  • 道糸 6-7号

ブダイ釣りの餌

ヒジキ
ヒジキヒジキは芽の部分を3~5本(枝はも5本くらいついた状態)くらい針にぶら下がるようにつけると良い。 一気に食い込む食い方が少なく少しずつ小さくなっていく場合が多い。 どこで合わせるかが一番の醍醐味。時期によっては勝手に釣れる場合もあるが時期が押してくるとだんだん微妙になってくる。

ハンバ
ハンバヒジキでまったく食わない時にハンバで入れ食いになったことがある。3、4cm位に切り5枚くらい針に付ける。 ヒジキよりアタリは若干明確にでる。餌屋でも簡単に手に入る。

ホンダワラ
ホンダワラヒジキでまったくアタリがない時に根掛かりしてくっ付いてきたホンダワラを付けて流したら 一発で食ったことがある。不思議ですね~

仕掛け

シンプルで ウキ止め シモリ玉 ウキ からまん棒 中通し錘 ゴム管 より戻し ハリス 針
棚は水深より浅め(根掛かりしない程度)に調整、根回りを狙う事が多いのでこまめに調整すると良い。

釣り方

いろんなところを流し、餌を取られたらそこにブダイがいる。重点的に攻める。 時期によるのか、魚の数によるのかは解からないが、活性が良く、競い合って食べている時はウキが消しこむアタリが出る。 このような時は向こう合わせで釣れてしまうが、 冬も押してくるとだんだんアタリが渋くなりウキがほとんど動かずに餌だけ取られてしまう。 こうなってくると面白い。そこにいるブダイとの勝負になる。波や、潜り潮の影響の中、アタリを見極めてあわせる。 乗った時の快感はたまらない。時間を忘れ楽しめる。

〆かた

スカリに生かしておき帰りにエラを切りまたスカリに戻す。 5分後くらいに内臓を取り持ち帰る。この時に内臓がなくても飛び跳ねてうみにおっこちて泳いでしまうので注意。 頭は味噌汁のダシに最高なので持ち帰る。

ブダイ料理

ブダイの漬けとイナダの握りブダイはしょうゆにすこ~しみりんを加えたたれに5分ほど漬けたあとフライがぷ りぷり最高。その他炒めても、カルパッチョでもどんな料理でも美味しい。

ブダイについて  ウィキペディアより

ブダイ(学名:Calotomus japonicus)は、スズキ目ベラ亜目ブダイ科の魚。 ブダイという名前の由来には、いくつかの説があり、身体が鎧を着た武士のようなので『武鯛』、ヒラヒラと舞うように泳ぐ姿から『舞鯛』、鯛に比べて不格好ということで『醜鯛』もしくは『不鯛』という説がある。アカブダイ(神奈川県三崎、静岡県伊豆地方)、トネ(三重)、ウシ、クズナ(大阪府堺市)、イガミ(関西、紀伊、高知県など)、エガミ(高知県)、モハン(熊本県)、ハチウオ(鹿児島県)、アカエラブチャー(沖縄県)全長30-40cm。ベラに似た体型だが、やや体高が高く、頭部が大きい。オスはやや青みがかっていて、メスはやや赤みがかっている。ブダイ科の魚は、歯が癒合し嘴のようになっている種が多いが、本種の癒合は不完全である。浅い海の海底の岩礁域に生息する。食性は春から秋にかけては底に棲む動物を食べ、冬は海藻食に変化する。本種は釣りの対象魚だが、網にかかることは少なく、ほとんどが磯釣りによって捕獲される。本種は旬が冬であるため、俳句などの季題になることもある。その際は『舞鯛』の名が用いられることが多い。また、江戸時代の外科医・武井周作の著書『魚鑑』にも本種についての記述がある。