アンチョビ

アンチョビの作り方

恵比寿島へ行ったとき 潮が引いて潮溜まりが出来たところにたくさんのいわしが泳いでいた。 水汲みですくえるほど。12cmほどの小さいカタクチイワシだった。 たくさんとって家に帰ったものの どうしようかと思い立って作ってみたのだが なかなか美味 しかった。アンチョビは買うと結構高いので 後々 大変重宝した。

イワシのアンチョビ

材料

  • カタクチイワシ… 30匹
  • 天然塩… 適宜

作り方

  1. いわしは、三枚 または背開きにして骨をとる。
  2. タッパーに塩を敷きいわしと交互に一杯にひきつめる。
  3. 最後はすっぽり塩で覆い、1ヶ月以上熟成させる。
  4. 時々様子を見てみると 少しずつ水が上がってくる。その水がきれいなものは新鮮で色が濃いものはそうでないらしい。 今回のはほとんど色がつかなかった
  5. 1ヶ月以上熟成させたら上がってきた水をこす(ろ過)。 その水は別の容器にとって1ヶ月ほど熟成させればナンプラーのようにして料理に使える。
  6. 保存する瓶を熱湯で煮沸消毒しておく。
  7. きれいに塩を洗い落としよく水分をふき取ったら5の瓶に入れエクストラバージンオリーブオイルをたっぷり注ぎいれる。

ポイント

  • ラップをかぶせておくと空気に触れて酸化しなくて良い。
  • 好みですが 粒胡椒とローリエを一緒に入れるとまた美味しい。

このまま2週間以上待つ。保存は常温でよいそうだがうちでは冷蔵庫で保存した。余裕で1年以上はもつようだ。

めちゃくちゃ美味いので是非お試しを!