サビキ釣り

堤防や磯でのサビキ釣りを紹介します。
静浦港のソウダガツオのサビキ釣りサビキ釣りとは、「さびく」という言葉の通り竿をしゃくってつけ餌やウイリースキン針等の擬餌針を動かしたり、追い食いを誘発するために少しずつ引いてくる釣りの事。しかしサビキ釣りで使われる擬餌針のことをサビキ、もしくは擬餌針を使ったカゴ釣りのことをサビキ釣りと言ったりもする。堤防や、磯でのサビキ釣りは、アジや、イワシ、サバ、ソウダガツオの他、シマアジも釣れる。またこの針を一括してバケ(サバ皮やカワハギの皮を使った擬餌針)と言ったりします。ここでは、スキンやウイリー針を使った釣りのことを「サビキ釣り」、擬餌針のことを「バケ」として書いていきます。

サビキ釣り

  • 手が汚れにくい。
  • 手軽に美味しい魚が釣れる。
  • 毎回付け餌を付ける必要がなく餌取りにも強い。
  • 状況によっては付け餌を付ける釣りより釣れる。
  • 道具もシンプルで簡単。

サビキ釣りの道具

釣具屋さんで売っているサビキ釣りセットみたいので十分です。ここでは自分が使っている道具と仕掛けを紹介します。
竿は磯竿の3号前後の5.3mくらいがオススメです。カゴにコマセをつめて投げるので、あまり細いのだと頼りもとないです。長さは短くてもできますが、投げるときや取り込み(ほとんどブリ上げ)の時にやりにくいです。リールは5号前後の道糸が100mくらい巻ければなんでも良いでしょう。スピニングでも両軸でもできます。

サビキ釣りの仕掛け

カゴ釣り用のカゴと天秤
カゴ釣り用のカゴと天秤にサビキ仕掛けを付けるだけ。いたってシンプル
カゴ釣り用カゴと天秤とサビキ
自分はバケをウイリー等で自作してます

コマセカゴとウキ

カゴ釣り用カゴと天秤とサビキ
これはヤマシタの天秤付きの一発カゴ
天秤付き遠投カゴ
ヨーズリの天秤付き遠投カゴ
安く買えるコマセカゴ
オモリをつければこのままでも使える
カゴ改造
改造すると飛ぶようになる
ステンレス一発カゴ(自作)
ステンレス一発カゴ(自作)
ヤマシタ一発カゴ(改造)
ヤマシタ一発カゴ(改造)これはコマセが沢山入る
遠投ウキ(自作)
ウキはカゴの重さに合わせて

仕掛けの作り方
リールから糸を出して竿のガイドを通したら、シモリ玉、ウキを付けるスイベル、ゴム管を3つ、の順に道糸を通します。最後にカゴをつなぐためのスイベルを結んだら出来上がり。からまん棒はカゴから上30cm~40cm位に固定します。サビキ仕掛けやハリスが絡まる時は少し離すと良いこともあります。

仕掛けの順番
シモリ玉、ウキを付けるスイベル、ゴム管3個、カゴにつなげるスイベル
カゴ釣りの基本仕掛け
ゴム管をからまん棒を付けて、スイベルに被せる

道糸とスイベルの結び方
色々な結び方がありますがここでは簡単なのを紹介します。

より戻しとラインの結び方
まず穴に通す
より戻しとラインの結び方
もう一度通す
より戻しとラインの結び方
元のラインの下から一回転半まわして
より戻しとラインの結び方
できている輪に上から入れる
より戻しとラインの結び方
ツバ等で濡らして締めて完成

ウキ止めの結び方
ウキ止め糸はハリスやナイロンの道糸などでもよいですが、すぐに緩んでしまったり、道糸に痕が付いてしまうので出来れば専用のウキ止め糸が良いです。

ウキ止め糸
ウキ止め糸を15cmほどでカット
ウキ止めの結び方
ラインに沿わせる
ウキ止めの結び方
輪を作る
ウキ止めの結び方
右の先を輪とラインを一緒に4回まわす
ウキ止めの結び方
締めて完成。投げているうちに動くのでしっかり締める

コマセ
気軽に堤防でアジ、サバ、イワシを釣るなら1日でアミエビが1,2kあればよいでしょう。カゴの大きさと投げ返しの回数によって変りますが。シマアジを堤防で狙うには半日でアミエビかオキアミを3kと集魚財が1袋くらい必要です。

  • アミエビ 1k150円~200円くらい
  • オキアミ 3k700円前後
  • 集魚財 1袋600円前後

カゴ釣りについてや道具などは釣り道具のページで紹介しています。